« 父の植えた木 | メイン | また、今日 »

2008/02/06

コメント

emily

どうにか『木』を残しておくこと できないのかなぁー
かなしいね とっても

shin


木は何も語らなくとも、父の想いそこにあり…


akira

emilyさん、お久しぶりです。
はい、伐ってしまうようです。
何だか切ないです...よ。

shinさん、
妙に引きつけられたのは、そうだったのかもしれないですよね。

木って、どすんと大きくて、黙って立っていて
「父親」(のイメージ)そのものの感じがしますね。

コメントの確認

コメントのプレビュー

プレビュー中です。コメントはまだ投稿されていません。

処理中...
コメントを投稿できませんでした。エラー:
コメントを投稿しました。 さらにコメントを投稿する

入力された文字と数字は画像と一致していません。再度入力してください。

最後に、下の画像の中に見える文字と数字を入力してください。これはプログラムを使ってコメントを自動的に投稿するのを防ぐために行われています。

画像を読み取れない場合は 別の画像を表示してください。

処理中...

コメントを投稿

アカウント情報

(名前は必須です。メールアドレスは公開されません。)