« 待っているよ | メイン | 「子どもはみんな、違うんだ」 »

2005/03/12

コメント

uske

1982年ですか!その時期だとまた雰囲気も全く違っているのですよね!楽しみにさせていただいております。(ちなみにうちの祖父はシベリア抑留帰りという縁もあったりします。)

akira

uskeさん、ありがとうございます。

4/24から始めてみようと考えています。
企画倒れにならないか、今から心配ですが...

>ちなみにうちの祖父はシベリア抑留帰りという縁もあったりします。
そうですか、まだご健在なんでしょうか?でも、妙な縁ですね。

uske

祖父はめちゃくちゃ元気です。笑 インターネット&メール、iChat AVまで使いこなしており、毎晩23:00頃になるとメッセンジャーに現れ絵文字アイコンでチャットしてくれます。80歳なのですが! やはり修羅場を潜り抜けてきた人間はすごいなあといつも感銘を受けています。

実は数年前に祖父と二人でシベリアを旅してみようという話になったのですが、祖母が猛烈に反対して頓挫した経緯もあり本当に楽しみにしております!

akira

すばらしいおじいちゃんですね!!

>祖父と二人でシベリアを旅してみようという話になったのですが
いいですね。
私もいつか息子ともう一度...?
また1つ夢が増えました。

akira

uskeさん、そのおじいちゃん(馴れ馴れしくてすみません)をStylogに招待してはいかがですか!?

ぜひ!

uske

な なるほど!笑 忙しいみたいなのですが、ちょっとトライしてみます。ありがとうございます!

Ma Mi Mu

akiraさん  uskeさん 横から、すいません。わたしの祖母もいろいろな経験をしておりますので、追々皆さんに紹介していこうと思います。 お祖母様が猛烈に反対したのはなぜですか?

uske

Ma Mi Muさん こんにちは〜 うちのおばあちゃん曰く、 「あなた(おじいちゃん)に何かあっても自分の思いがあるのだからいいけど、同行したuske君に何かあったらお詫びのしようがない!」という理由でした。笑 とても大変な苦労をされているはずなのですが、とてもやさしくて尊敬している祖父母です。

もともと自分の行きたかったわけですが、そういった経緯で行きづらくなっています。^^

akira

おじいちゃんは、それはそれは楽しみしているのではないでしょうか? (私がおじいちゃんの身になってみると、孫といっしょに旅ができるなんて...)

そんなに危険ではないのではないですか?よっぽどのところへ行かなければ...
実現するといいですね?

Ma Mi Mu

>uskeさん そういう理由だったとは。孫思いの素敵なお祖母様ですね!

この記事へのコメントは終了しました。