« 水曜日は、タイ弁当の日! | メイン | * »

2008/10/15

コメント

mochola

電動でない限り、手で漕ぐ車いすの車輪はとても重く感じます。そういうことに一度気付いたら、きっと車いすの方を見かけたら気にするようになる。手話も同じです。手話を使っている人がいたら気にかけるようになりますもんね。いい体験ですね。

shin

私も経験有りませんが、いつもの健常者目線を外す事も重要かも知れませんね。

akira

mocholaさん
そうですね、そういう気づきが、まずは大事なのでしょうね!
参加して良かったです。

akira

以前、shinさんと障がいについて話をしたことがありますが、
こういうのって、なかなか頭で分かっていても、
その本人の身にならないとわからないことが、はやり多いですよね。

でも、それに気づいたり、理解しようと思うことからでも、
少しずつ始めればよいのではないかと、思います。


Laka

[いいですね] 以前、腰痛を患って歩行困難だった時に空港内で車椅子を借りたんですが、思いのほか車椅子にぶつかる人、車椅子で視線を止める人が多かった事に驚きました。
本当にこういう事は経験してみないとわからないものですね。

nebula

良い経験されたようですね.....(⌒_⌒)

akira

Lakeさん
そうでしたか。
心のバリアフリー、ノーマライゼーションなど、言葉はかなり浸透しているように思いますが、現実はまだまだなのでしょうか。
自分から気づかないとダメなのでしょうね。
それには、... いろいろ考えてしまいます。

akira

nebulaさん
はい、結構解っていたつもりが、
知らないこと、気づいていないことが、いっぱいですね。

この記事へのコメントは終了しました。